jeremy scott shoes
モンクレール 激安 モンクレール アウトレット UGG ブーツ UGG ブーツ 正規品 UGG アウトレット
モンクレール激安 モンクレール 激安 モンクレール 店舗 モンクレール ダウン 激安 モンクレール ジャケット ニューバランス574 ニューバランス996 ニューバランス1400 ニューバランス メンズ ニューバランス レディース ティンバーランド 靴 ティンバーランド 店舗 ティンバーランド靴 ティンバーランド ブーツ激安 ティンバーランド ブーツ モンクレール モンクレール 2013 モンクレール アウトレット モンクレール ダウン モンクレール 激安 コーチ コーチ バッグ コーチ 財布 コーチバッグ コーチ財布 ニューバランス ニューバランス m1400 ニューバランス アウトレット ニューバランス スニーカー ニューバランス レディース new balance new balance m1400 new balance ml574 ニューバランス1400 ニューバランス1400 レディース coach アウトレット コーチ コーチ バッグ コーチ 財布 コーチ 長財布 new balance ニューバランス アウトレット ニューバランス1400 ニューバランス574 ニューバランス996 ティンバーランドシ ューズ オンラインショップ てぃんばーらんど 靴ティンバーランド ティンバーラン ドアウトレット モンクレール ダウン 激安 モンクレール ダウン モンクレール 激安 モンクレール ダウン 激安 モンクレール ダウン メンズ コーチアウトレット コーチファクトリー コーチ ファクトリー coachアウトレット モンスター Monster Dr Dre イヤホン モンスターヘッドホン モンスタービーツ ヘッドホン

您目前所在位置:胶印品五项指标

胶印品五项指标

信息来源:   发布时间: 2011/5/12   浏览次数:

胶印油墨质量体现的五个指标

  色浓度
  色浓度即色彩的饱和度,现在,报纸已经不再是白纸黑字的老样子,更多的已经换成了图文并茂的彩报,因此用户对报纸印刷用胶印油墨的色浓度要求也就更高 了。彩报上的广告、图片、题目比较夺目,因此需要油墨的色浓度要相对提高。但是现在很多报用油墨的色浓度都不够理想,印刷厂为了保证印刷密度,不得不加大 墨量,或提高网点的百分比,但这样做的结果势必造成堆墨,使用墨量增大。加大墨量还会造成网点并连。正常的轮转胶印网点增大应控制在25%以 下,如果墨大了,就会造成层次丢失和网点过度增大,特别是图片,网点增大造成的后果更明显。另外,前几年出现比较严重的问题是黑墨色饱和度不足,现在仍然 存在,但已经不是大问题了。造成黑墨色浓度低的原因是印刷厂在普通的文字印刷时,为降低成本,选用了价格低、质量稍差的黑墨。正是由于有这样的需求,自然 有一些油墨厂生产这种劣质油墨,影响了油墨的整体质量。
  国产油墨在色浓度方面不理想的原因有以下几点:一是目前油墨厂大多不是自己生产颜料,而是采购国产颜料研磨,国产颜料与进口颜料在质量上还有差距;二是 油墨厂为了节约成本,使用较少的颜料,导致油墨的色饱和度不够;还有关键的一点是,即使颜料的质量和用量都过关,国家标准规定油墨的颗粒细度不可大于15μm,研磨得越细,油墨的颜色越鲜艳。如果颜料的加工工艺不够好,如研磨的颗粒大小不合适,油墨的色浓度也会受到影响。当然,印刷品的层次及色彩不只与油墨相关,还与印版制作、印刷设备、水墨平衡等工艺条件相关,油墨的质量也是印刷质量提高的前提和保证。
  叠印性
  报纸印刷对胶印油墨套色性的要求主要有两点,一是色序,二是油墨黏度的递变性。目前国际上报纸印刷标准色序是青-品红-黄-黑,其黏度应是逐渐减小,否 则就会出现油墨反拉现象。现在一些大型油墨厂已经注意到了根据印刷色序拉开油墨黏度值,他们也经常与油墨供应商沟通,及时调整油墨的墨性。
  干燥性
  油墨的干燥速度通常会影响印刷质量,同时还会引发很多印刷故障,如导致印刷品背面粘脏,甚至会造成卷筒纸印刷无法正常进行。用户普遍反映,国内油墨的干 燥性对印刷品质量影响很大,由于油墨的干燥不彻底出现印刷次品、废品,干燥性受季节和气候的影响较大等问题确实不容忽视。
  适印性
  现代印刷中,承印物的品种多了,辅助耗材的种类多了,性能差异也较大,因此,对油墨的要求也更为复杂了。一般公司对油墨的适印性十分重视,为了保证油墨 的机上印刷适性,保证油墨与各种耗材和承印物的适应性,经常与固定的几家油墨供应商保持联系,将自己的特殊要求告诉油墨供应商。如使用普通胶印油墨印刷铜 版纸时,铜版纸印刷的图文颜色鲜艳,光泽度好;而用同样的油墨印刷轻涂纸,则透印现象比较严重,且光泽度下降,但市场上似乎还没有专门适用于轻涂纸的印刷 油墨,因而希望油墨厂能根据不同的承印材料,特别是现在常用的新型材料,如轻涂纸,研发相应的油墨。
  另外,报社印刷厂的设备不同,选择的油墨也有区别。印报机是上出墨方式,对油墨的性能要求比较高,目前国内印报油墨的性能,如流变性、黏度等都不能完全 符合要求。下出墨方式的印刷设备,也存在糊版、带脏问题,而报纸对图片和标题的要求又比较高,因此需要油墨厂根据实际情况对油墨的相关性能进行调整。可见 胶印油墨的适印性还有待于进一步调整,如果每个用户都提出特殊要求,油墨厂恐怕就无法应付了。
  稳定性
  对于印刷厂来讲,油墨的稳定性也关系到印品质量。有公司使用过一些在国内生产的国外品牌油墨,尽管油墨配方与进口产品相同,但由于国内油墨厂的生产条件 和管理水平与原油墨生产厂存在一定差距,造成同一品牌和型号的油墨性能有些差别。如用同样的红墨,按同样比例调墨,却有明显的色差。
  国 产油墨和进口油墨在油墨的着色性、环保性和干燥速度方面还存在很大的差距,且国产油墨的流动性不好,黏度也较大,有时还得加撤黏剂。印刷厂希望油墨黏度能 得到改善,并逐渐取代进口高档、高价油墨。报纸印刷从印刷效果来讲需要高黏度低黏性,传递性能好的油墨,尤其是高速印刷机对油墨的干燥性要求更高。

杭州华顺印刷技术有限公司  Copyright @  2010-2013  All Right Server By 谷歌SEO

 地址:杭州三墩西湖科技园振华路西侧 

电话:0571-88491903  88092905 13588162185   Q Q:550511841  1668172308  1819874064